コエンザイムQ10サプリは安全なの?

Home

コエンザイムQ10と筋肉

コエンザイムQ10は体の中で作られるものです。しかし、加齢とともに生産能力は落ちてしまうものなのです。コエンザイムQ10はエネルギー生産にかかわる重要な成分であるので、体の中で作れない分は食品からの摂取が望ましいと考えられています。

人が動くにはエネルギーが必要です。そのエネルギー源の一つとなるATPをつくるのに必要であり、不可欠なものがコエンザイムQ10になります。このATPは筋肉や内臓で使われるとされています。加齢によりコエンザイムQ10が少なくなるとATPが作られなくなり、その結果筋肉量が減ってしまうのです。

昨今盛んにいわれているサルコペニア肥満で将来介護が必要になってしまうかもしれません。さらにコエンザイムQ10は筋肉の維持にも必要とされます。筋肉細胞を傷つける活性酸素を抗酸化作用で抑えてくれる効果が期待できるからです。また運動後に摂取すると疲労感が軽減されるという効果もあるそうです。

1日に必要な60ミリグラムはやはり食品から摂取するのは難しいと考えられます。効率よくとるならばサプリメントがいいのではないでしょうか。また吸収が悪い成分なので、油に溶けやすい性質を利用して、油と調理する、コエンザイムQ10のサプリメントならば油を使用しているものを選ぶなどした方がよいでしょう。いつまでも元気で動けるように筋力維持のために、中高年以降は積極的にとっていきたいと思う成分の一つです。

↑ PAGE TOP