コエンザイムQ10サプリは安全なの?

Home

コエンザイムQ10は体内で作れるの?

コエンザイムQ10といえば美容成分の一つとして、アンチエイジングの効果があり、抗酸化作用で肉体の老化を防ぐ役割に期待されています。この成分は補酵素と呼ばれる成分の一つで、人間の体内に元から存在している成分なのです。

しかし、有名なコラーゲンなどと同様にコエンザイムQ10も年齢を重ねていくと不足していくようになります。それと同時に体が老化して疲れを感じやすくなり、肌にシミやシワなどが現れるようになります。

このコエンザイムQ10は元々は体内で細胞を形成しているミトコンドリアの中にあり、人間だけではなく哺乳類の多くが体内に元から持っている成分です。体内にコエンザイムQ10が豊富に存在する若いころは、細胞が活発に働いています。

しかし、コエンザイムQ10は細胞の生まれ変わりも促進しているため、傷の治りや筋肉痛の回復などの効果が減少していくと、傷の治りや疲れが抜けなくなるということが起こります。小さい子どもが怪我をしても翌日にはほとんどわからなくなっているのも、こういった成分によるものです。

加齢と共に減少していくコエンザイムQ10はビタミンに代表される補酵素と呼ばれる成分でできており、酵素を補ってサポートする役割を担うもので、酵素の活動を円滑にする成分です。ビタミン同様コエンザイムQ10も体内に必須の成分ですが、食事でも補うことができます。しかし、バランスの良い食事を摂ることが難しいという場合は、サプリメントを活用するのも一つの手です。

↑ PAGE TOP